佐藤 明浩

佐藤 明浩 47歳
会社員
空手歴7年8ヵ月
H25年2月 初段取得
※上記は全て平成25年現在です。

 この度は、昇段審査の機会を与えて頂き、また昇段のお許しを頂き誠にありがとうございます。
 自分が極真空手に出会ったのは本当にふとした何気ないことがきっかけで、こんなにも奥深く 、こんなにも一心不乱に打ち込める世界が待っているとは思いもよりませんでした。
 
 40歳という節目を迎えた時、スポーツクラブで初めて見た岩崎菜穂子という女性に心を奪われ、 そして次に出会った門馬智幸という漢には魂を抜かれました。その瞬間、残りの人生、師範 先生と呼べる方々が自分の中で生まれ、この人達の背中を追いかけて行けば、今までとは違う自分に変われるのではないか、面白い事が待ち受けているのではないか、と思わせるほどの衝撃的な出逢いでした。

 ・・・が、実際入門し空手を始めてからは当然楽しいことばかりではなく、辛いことや苦しいことも多々ありました。いつも目の前には高い壁が立ちはだかり行く手を阻み、しかし壁が高ければ高い程 乗り越えた先にある喜びや充実感、達成感は何ものにも変えられず、空手を通して得た貴重な体験は仕事やプライベートで発生する多くの困難も乗り越えられ、「あきらめない心」が自分の財産となりました。

 また才能などなく不器用な自分に、努力し続けることが何よりも大切であると教えて下さった門馬師範や先輩方。皆さんのおかげで夢をあきらめることなく何事にも挑戦し続けることが出来ました。

そして8年余りの月日が過ぎ、苦しかった昇段審査を終え昇段のお許しを頂いたときは、うれしさの反面自分のような者が拝領していいのかと恐縮したのを覚えてます。まだまだ黒帯の諸先輩方には遠く及ばないことが多く、身の引き締まる思いが致します。今、あらためて極真空手道のスタートラインにようやく立つ事が出来ました。これで満足慢心する事なく、門馬師範や諸先輩方に教えて頂いた事を後から続く後輩たちに伝え、「世界総極真の黒帯」「門馬道場の黒帯」として恥じないよう精進邁進致します。

 最後に、ご指導頂きました門馬師範をはじめ諸先輩方、また後輩の皆さんそして遠方より来て頂き、連続組手の相手をして頂きました各道場の諸先輩方に心より深く感謝したいと思います。

 すべての皆様に出会うことが出来たから今の自分があります。本当にありがとうございました。

                                                                    

押忍

PAGETOP